« 燕の仔 | トップページ | ズ―岡の「ヒツジの恩返し」 »

2017年7月16日 (日)

国産の楽器は見掛けこそ立派だが、例えば

国産の楽器は見掛けこそ立派だが、例えばリュートなら弦高が高く、弦の幅も広めで弾きづらく、そういう楽器はそのままではナイロン弦しか張れない。ナイロン弦は音にキャラクターがなく、そういう楽器で弾いても、本来の楽器の特性を想定して書かれた当時の曲の良さを理解するのはほぼ不可能。

« 燕の仔 | トップページ | ズ―岡の「ヒツジの恩返し」 »